観光案内

  • 夕日ヶ浦

    京都府の京丹後市は県こぞ違いますが豊岡市とはお隣さん。
    出石からも結構近いです。
    丹後半島一周の西の入り口に位置する浜詰海岸は別名「夕日ヶ浦」と呼ばれロングビーチに沈む夕陽は日本夕陽百選の22番に選ばれています。ドライブがてら夕日を見に行ってみてはいかがでしょう?
  • コウノトリの郷公園

    地域住民とともに人とコウノトリが共生できる環境づくりを 目指している豊岡市。
    県立コウノトリの郷公園はコウノトリの保護・増殖、野生復帰に取り組む施設です。兵庫県の県鳥で国の特別天然記念物もあるコウノトリの野生復帰への取組みはニュースでも話題ですね。最近は豊岡市内でもコウノトリに出会うことがありますよ。
  • 出石城跡

    「遊鞄」のすぐそば、遊歩道をはさんだところには1604年に有子山の山裾に小出吉英が築いた出石城跡があります。
    37個の朱色の鳥居が印象的な城山稲荷があり、お城のコントラストがとても美しい。
    お城山とも呼ばれ、春には桜の名所としても人気です。
  • 辰鼓楼

    出石のシンボル、日本最古の時計台!
    辰鼓楼は明治四年(1871年)旧三の丸大手門脇の櫓台に建設された鼓楼です。当時は一時間ごとに太鼓で時(辰)を告げました。明治十四年に医者、池口忠恕氏が大時計を寄付してからは、時計台として親しまれ、時を刻み続けています。